ぬりえにチャレンジ

いつも知足美術館を応援していただき,ありがとうございます。

こんにちは。高橋@受付ノ人 です。

来年の目標は〈ダブル最強位〉です。

知足美術館は今週も12日[土]まで通常開館しますので,よろしくお願いします。

 

中の人たちでチャレンジリレー

 

〈金継ぎ〉に絶賛挑戦中の木村さんよりバトンを受け取りました。

今回のチャレンジ内容はタイトルのとおりです。

ちょうど徳島市立徳島城博物館さんの〈ぬりえ〉をTwitterで見かけて

おもしろそうなのでこちらを塗ってみようと思います。

 

 

『四国辺路道指南(しこくへんろみちしるべ)』という史料に記されているお遍路さんの挿し絵だそうです。

お遍路さんといえば白衣(びゃくい)姿が思い浮かびますが

江戸時代のお遍路さんはいろいろな衣装を着ていたそうですよ。

そんなことを想像しながら,ぬりえにチャレンジしてみました。

 

全集中! 黒ペン1本の呼吸 無限眼精疲労編(注※鬼滅見てません)

 

淡々と線を引くことに没頭していると

あたまの中のもやもやがいつの間にか晴れていました。

無色の図柄にどんどん模様が描き込まれてゆくと

心の隙間も満たされるような気持ちになるんですよね。

徳島城博物館さん,ありがとうございました。

知足美術館の収蔵作品もぬりえになっておりますよ。

【名画ぬりえ】

ダウンロードしてお楽しみいただければ幸いです。

※ 2020.12.24【名画ぬりえ】は終了しました。次回の企画をお待ちください!

 

◆今月の読書
福永武彦『忘却の河』
あまりにも綺麗な日本語に出会うと,その一瞬時間が止まるような気がします。

タイトルとURLをコピーしました