次回予定の展覧会

浜田泰介水彩画展 四国八十八ヶ所霊場を描く

「浜田泰介水彩画展 四国八十八か所霊場を描く」は、この度5度目の展示です。昭和59年に産経新聞社より出版された画集「四国八十八カ所霊場を巡り」の水彩の原画です。あるキッカケで収蔵したのですが、それが浜田さんに知るところになり、展覧会のたびにわざわざ来館されました。四国・愛媛県出身の浜田さんにとって幼い頃より巡礼は身近にあり、絵心がついてからずっと馴染んでいました。

 この水彩画は、鉛筆などによる下書きは一切行わず、直接筆を使って一枚一枚丁寧に描いています。この写実的な表現ではその右に出るものはないでしょう。一枚ずつゆっくり観てゆくと、私達もあたかも巡礼を重ねているような錯覚に陥ってしまいます。

 展覧会をご覧になり、思い思いに四国八十八ケ所の霊場を〈旅〉して至福のときを過ごしていただけたら幸いです。

【略歴】

1932年愛知県宇和島市生まれ。1955年京都市立美術大学(現京都市立芸術大学)卒業。関西総合展賞。1957年同大学院修了。朝日新人展に招待。1958~61年ニューヨークなど海外や国内各地で個展開催。1977年大津市文化特別賞受賞。1992年京都大覚寺障壁画完成。1999年世界遺産である醍醐寺の壁画完成。2000年密教学芸賞受賞。2003年京都東寺観智院書院襖絵完成。2004年広島正伝寺襖絵完成、東寺大日堂障壁画完成。2012年愛媛新聞賞(文化部門)受賞。現在滋賀県在住

開催案内

会期
2021年1月30(土)~2月27(土)
開館時間
10時~17時
休館日
日曜・祝日
入館料
一般:500円、中学生以下:無料
主催
公益財団法人 知足美術館