たまには知足美術館のお話を  ポスター編

はじめまして。きむらなおひろじゃないもう一人の木村です。

ブログを担当するスタッフ三名の中、年がしらです。

初めてブログを書くことになり、若いスタッフに聞きながらやろうと思っていたのですが、

二人ともいませんでした。

なんとなくやってみますが、お見苦しかったらすみません、、

 

さて、どんな事を書きましょうか。

若いスタッフのような愉快なネタは持っていませんので、たまには美術館関連の内容をお届けしたいと思います。

一口に美術館といっても、規模も形態も特長もいろいろ。

あくまで私どもの小さな美術館の、今回はポスターについてのあれやこれやです。

 

 

どんな展覧会か、不特定多数の人に一目でその内容を知らせるポスター。

この広報の大切な役割をするポスター作成、知足美術館ではいつも有能なデザイナーにお願いしています。

我々のぼんやりとしたイメージと館長独特のこだわりを上手い具合に汲んで、いつも素敵に仕上げてくれます。

次回展は春のコレクション展ということで、桃色をベースに淡い日本画作品をメインに載せた柔らかい印象になりました。

 

デザインが決まったら印刷の段階に入っていくわけですが、この作品の色を再現するのが毎度なかなか難しい。

画像はデザイナーと印刷会社の方が立ち会った色校正の様子。

色はどうでしょう、もう一歩といったところでしょうか。

 

こうしてできあがったポスターは県内の博物館・美術館や教育・公共施設、街中のお店などに送って掲示していただきます。

折って発送する方法が主流の中、我が美術館は伝統的に丸めるスタイルを貫いています。

この量…(一部です)。

なにが大変って集荷の方の数量確認が。いつもお手数をお掛けしていてます…

そんなこんなで今回も無事発送を終えました。

 

「春に贈るコレクション展」は2月25日(火)から始まります。

ぜひ足をお運びください。

 

 

次回は若手スタッフによる爆笑スポーツネタをお届けします(予定)。

お楽しみに。

 

 

タイトルとURLをコピーしました