江川蒼竹遺作展 板と親しむ

江川蒼竹遺作展《板と親しむ》

会期
開館時間 10時~17時(最終日は15時閉館)
休館日 日曜・祝日・年末年始(12月27日~1月4日)
入館料 300円
会場 知足美術館
2014年 江川蒼竹遺作展

新潟市中央区に生まれた江川蒼竹氏は、全国的に、そして新潟県の書道界発展に大きな足跡を残し2008(平成20)年に91歳で亡くなりました。書壇院理事長や新潟県美術家連盟理事長などを歴任した江川氏は、その人柄や魅力あふれる力強い作品で多くの人をひきつけました。本年は七回忌に当たります。

本展では、「一発勝負。負けるわけにはいかない」と埋蔵古木や杉材などと“格闘”し揮毫した板書を一堂に展示、改めて江川氏の作品に込めた思いを振り返ります。
作品は森山穂氏所蔵品から選抜します。

展示品

板書作品約40点(屏風など含む)

主催

一般財団法人 知足美術館

後援

新潟日報社・BSN新潟放送

鑑賞講座「わが父・江川蒼竹」「板書に込めた思い」

江川蒼竹 略歴

1917年 2月6日、新潟市中央区夕栄町に生まれる
1937年 上京し吉田苞竹に師事
1944年 書壇院展最高賞を受賞。副賞として徳川賞
1947年 書壇院展審査員、同人に推挙される
    新潟に帰郷
    新潟県美術連盟(現・新潟県美術家連盟)に参加
1957年 新潟県書道協会の創立に尽力
1971年 毎日書道展書道使節団員としてヨーロッパ訪問
1974年 大和新潟店で書業40年記念展
1977年 大和新潟店で還暦記念書作展
1979年 新潟県書道代表団長として中国訪問
1987年 大和新潟店で古希記念書展
1989年 平成元年 新潟県学術文化教育委員会賞を受賞
    書壇院理事長に就任(1995年より会長、2003年より名誉顧問)
1991年 新潟県美術家連盟理事長に就任
1992年 新潟県芸術文化功労賞、新潟市文化功労賞を受賞
1993年 叙勲・勲五等瑞宝章
1994年 大和新潟店で喜寿記念書展
    新潟日報文化賞を受賞
1997年 大和新潟店で傘寿記念個展
2000年 雪梁舎美術館で江川蒼竹回顧展 −悠々たる墨人−
2004年 大和新潟店で米寿記念展
2006年 大和新潟店で卒寿記念銘木書展
2008年 3月20日逝去。91歳

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展示

2018年 現代モンゴル絵画展

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜