広重 保永堂版 東海道五拾三次展

広重 保永堂 東海道五拾三次展

会期
開館時間 10時~17時(最終日は15時閉館)
休館日 日曜・祝日
入館料 300円
会場 知足美術館

 美術館の中で<東海道の旅>に出かけませんか…。2年ぶりに所蔵作品による、「広重 保永堂版 東海道五拾三次展」を開催いたします。

 歌川広重(1797~1858年)は幕府の定火消しの安藤家に生まれましたが、浮世絵師を志して歌川豊広に入門しました。1833(天保4)年に保永堂版「東海道五十三次」を発表、折からの旅行ブームに乗って大ヒット、風景画家としての地位を確固たるものにしました。遠近法を取り入れた表現方法はゴッホやモネなどヨーロッパの画家たちに大きな影響を与えたとされています。

 展示作品は、出発点の江戸・日本橋から終点の京都・三条大橋までの全55図です。「箱根」など大胆にデフォルメされながらも豊かな詩情をたたえた名所絵一つ一つを楽しくたどってください。

主催

一般財団法人 知足美術館

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展示

2018年 ドナルドキーン 日本の心を伝えて

講演会

 ドナルド・キーン展講演会〜映像を交えて〜

予備展示室

木版画摺順序

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜