展覧会情報

75歳の挑戦「6・1会 書道・絵画展」

会期
開館時間 10時~17時
休館日 日曜・祝日
入館料 無料
会場 知足美術館

2012年 6-1会書道・絵画展

新潟市立関屋小学校 昭和25(1950)年卒業の6年1組有志による作品展です。

書道:坂井 栖葩
絵画:藤沢 靖郎、岩崎 英子、岩田 由紀子
写真:遠藤 治一、堀 恵子

 新潟市立関屋小学校を昭和25年3月に卒業した6年1組(担任 中野良三先生)です。同級会を開くたびに、子どもの頃の話は、尽きることがありません。

 さらに、卒業後のそれぞれの人生は、もっとドラマチックです。子育てを卒業し、さらなる挑戦に情熱を燃やす仲間たちの話で、ますます盛り上がりました。趣味の域を脱し、県内の作品展に、国内と言わず世界にまで足を延ばす者もおりました。年齢を超えて、芸術を追求する人間に感動しました。同級生として誇りに思いました。

 作品展をやろう! 酒の席では、話はトントン拍子にふくらみました。知足美術館様の多大なるご厚意に甘え、今回作品展を開催することができました。

 財界、教育界、官界で活躍された方、家族を守ってこられたご婦人方、みんな私たちの誇りです。75歳万歳万歳。

 どうぞ、ごゆっくりご覧ください。また、ご指導ご感想などをいただければ幸いです。

6・1会一同

作家略歴

坂井 栖葩(さかい せいは)

1937年新潟市生まれ

西村西洲・伊澤西嶽
役職
日本書道家連盟常任理事、21世紀国際書展審査会員、雪舟国際美術協会参与、日本・中国桂林芸術交流協会名誉会員
国内展受賞
内閣総理大臣賞、厚生労働大臣賞 他多数
海外展受
タイ王国文部大臣賞、ブルガリア芸術文化大臣賞、中国桂林市芸術文化勲章、オーストリア宮廷文化勲章、マレーシア文化褒章、フランス芸術学士院 日仏芸術大金章、英国美術博 最優秀美術大賞、ローマ展 日伊芸術大賞、スペイン芸術交流祭 最優秀芸術大賞、モスクワ芸術大賞 他多数
作品収蔵
中国故宮博物院(北京)、中国桂林市、タイ王国皇太子妃殿下、モナコ公国政府、アメリカロサンゼルス市

藤沢 靖郎(ふじさわ やすお)

大林組在職中(50代)の約11年間NHK文化センターに於いて岩井壽照先生、その後野村不動産在職中(60代)の約3年間朝日カルチャーセンターで松島治基先生(春陽会)、ご両人の指導を受ける
平成8年第46回埼玉県美術展覧会に初入選
現在 埼玉県美術家協会員

岩崎 英子(いわさき えいこ)

1938年新潟市生まれ
職場を定年1年前に退職して、59歳から油絵を習い始める。
毎週1回、一水会委員 杉森企観明先生のアトリエへ通いでご指導を受けた。

岩田 由紀子(いわた ゆきこ)

東京生まれ
小学校1年の時新潟県湯沢町に疎開 戦後父親の転任で小学校2年生時に関屋小学校に転校、関屋中学校1年まで新潟で過ごす
川村短期大学保育科卒業後、幼稚園教諭として勤務(最後の10年間は園長職)
油絵は若い頃に始めたが仕事が忙しくて中断
定年退職後再開
サロンデザール主宰の岡崎利和先生に師事し現在に至る

遠藤 治一(えんどう じいち)

1938年五箇浜生まれ
1961年伊藤忠商事株式会社入社。1966年からカワサキ車のヨーロッパへの流通業務を担当する。1982年、カワサキモータースフランス取締役社長に就任。1989年、同社取締役社長と兼務で、カワサキモータースイタリー取締役社長に就任。ヨーロッパへの輸出業務を請け負いながら、販売網確立に努める。帰国後は伊藤忠商事株式会社国内事業会社の経営に携わる。

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展示

2017年 四季いろいろ

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜