2012年

鑑賞講座「土田麦僊、その素描」

シカゴ美術館 初期浮世繪版画秀撰

 シカゴ美術館に収蔵されている浮世絵版画は, 質量とも世界最高のものである。特に初期浮世絵版画は,他に類を見ない充実した内容で収蔵されている。この優れた蒐集品の歴史を語るについて,クレアレンス・バッキンガムの名を忘れるこ…

続きを読む

新春を彩る

 知足美術館所蔵作品の中から、ゆく年くる年を彩るにふさわしい秀作を選びました。  ポスターに使わせていただいた「聖地巡礼―曙光―」を描いた柴田長俊さん(創画会)をはじめ、今年2度目の日本美術院賞(大観賞)を受賞した番場三…

続きを読む

土田麦僊素描展

佐渡の生んだ近代日本画の巨匠・土田麦僊。 その新たな可能性を追い続けた画業を「舞妓」や「春(子供)」、文展初入選作「罰」のための写生帖など素描を中心に、新潟初公開となるテンペラ画「ヴェトイユ風景」などで振り返ります。

絵巻が語る佐渡金銀山史展・連続講座

江戸幕府の財政を支えた佐渡金銀山、とりわけ相川金銀山の採掘から鋳造までの一連の工程などを描いた絵巻。およそ100本現存するという絵巻の由来や目的とそこから読み取れる技術、経営・管理体制の変遷などを学ぶとともに、浮世絵や絵…

続きを読む

絵巻が語る佐渡金銀山史展

江戸幕府の財政を支えた佐渡金銀山。採掘から選鉱、精錬、鋳造など一連の作業工程を描いた絵巻・絵図は、見る人に鉱山技術の歴史と日本最大の相川金銀鉱山を中心に花開いた文化を語りかけてくれます。 初公開の個人所蔵の絵巻をはじめ、…

続きを読む

種田裕子作品展

成長する二人の息子をモチーフとし、その時々の少年や青年に対するイメージと、子供の頃のあこがれや夢を織り交ぜて作り上げられた、日本画・種田裕子氏の作品30展余りを展示いたします。

75歳の挑戦「6・1会 書道・絵画展」

新潟市立関屋小学校 昭和25(1950)年卒業の6年1組有志による作品展です。 書道:坂井 栖葩 絵画:藤沢 靖郎、岩崎 英子、岩田 由紀子 写真:遠藤 治一、堀 恵子  新潟市立関屋小学校を昭和25年3月に卒業した6年…

続きを読む

小品と色紙展

当館所蔵の作品を知足美術館 予備展示室にて公開しました。 展示作家 ・荒井孝  ・伊藤髟耳  ・江森若菜 ・小野珀子 ・竪山南風 ・木村雨山 ・小山敬三  ・朱太石  ・祝林恩  ・杉山寧 ・瀬川玲子 ・田中以知庵 ・徳…

続きを読む

島からのたおやかな彩りの響き

遠く黒潮にうかぶ佐渡 緑豊かな山中で糸を染め織る西橋はる美 夕日の海辺の町に生まれパリで画面に向かう清水伸 太古からの島の自然とともに開く 着物と絵による 沁みるような彩色の共演をお楽しみください 島からのたおやかな彩り…

続きを読む

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展示

2018年 現代モンゴル絵画展

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜