知足美術館コレクション

吉川 優

よしかわ ゆう(1958 - )

山口県 防府市 出身

1982年県立愛知芸術大学卒業。春の院展入選。同年院展に初入選。1983年第5回中日展大賞。1988年東京セントラル美術館日本画大賞展佳作。1993年第13回山種美術館賞受賞。現在院展院友。自然や生命に深い思い入れを持ち、ドイツ・ロマン派を思わせる大作でダイナミックな作風と確かな技術を見せ、見る者に新鮮な驚きを与えた。一方で、北宋画を思わせる作品や瀟湘八景をテーマとした作品など、古画にも通じたところを見せる。作品は、強靱さや重さ、濃さや粘り強さなど、圧倒的な個性を発散させる。

収蔵作品

早春 1994年 日本画 520 × 450mm 10号

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展示

2017年 絵画の中の女たち

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜