知足美術館コレクション

徳田 八十吉 三代

徳田 八十吉 三代

とくだ やそきち 3だい(1933 - 2009)

金沢美術工芸大学短期大学工芸科陶磁専攻中退。初代、二代目等に師事。1988年に三代目を襲名。1991年には第11回日本陶芸展で、大賞・秩父宮賜杯を受賞した。1997年6月6日、重要無形文化財「彩釉磁器」の保持者(人間国宝)に認定される。釉薬で色彩を調整した鮮やかな群青色に強い個性がある。海外にも多くの作品を発表して高い評価を得た。また、古九谷の学術研究にも尽力した。初名は正彦。

収蔵作品

彩釉花壺 陶芸

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展示

2017年 絵画の中の女たち

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜