知足美術館コレクション

富岡 鉄斎

富岡 鉄斎

とみおか てっさい(1836 - 1924)

京都府(三条通新町東) 出身

法衣商 富岡維叙の次男。名は猷輔,後に百錬,字は無倦。富岡家の家学である石門進学、大国隆正に国学や勤王思想、岩垣月州らに漢学、陽明学、詩文などを学ぶ。1856年頃から、南北合派 窪田雪鷹、大角南耕、南画を小田海僊、大和絵を浮田一恵に学ぶ。1861年 長崎南画派の祖門鉄翁、木下逸雲らの指導を受ける。この頃私塾を雄開設。1869年私塾立命館で教員となる。40歳代半ばまで大和国石上神社や和泉国大鳥神社の神官を勤める。1881年京都薬屋町に転居し終の住処とする。1893年京都市美術学校で教員に就任し、1904年まで修身を教える。「最後の文人」と謳われた鉄斎は、学者(儒者)が本職であると自認し、絵画は余技であると考えていた。

収蔵作品

富岡百錬謹写
富岡百錬謹写
老子騎牛圖
老子騎牛圖
1870年 日本画 515 × 1380mm

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展示

2017年 絵画の中の女たち

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜