知足美術館コレクション

竹内 栖鳳

竹内 栖鳳

たけうち せいほう(1864 - 1942)

京都 出身

京都に生まれる。1877年に四条派の土田英林に絵を習い始めるが、1881年の17歳の時に同派の名手として知られた幸野楳嶺の私塾へ正式に入門する。この頃から頭角を現し、翌年には私塾の工芸長となり、「楳嶺四天王」(栖鳳と都路華香、谷口香嶠、菊池芳文の高弟4名を指す)の筆頭と呼ばれるようになる。1887年23歳の時に結婚し、これを機に絵師として独立する。同年、京都府画学校(現:京都市立芸術大学)修了。1889年には京都府画学校に出仕し、京都の若手画家の先鋭として名をあげてゆく。また1900年36歳の時には、7ヶ月かけてヨーロッパを旅行し、ターナー、コローなどから強い影響を受けた。1913年に「帝室技芸員」に推挙されることで、名実共に京都画壇の筆頭としての地位を確立した。1919年帝国美術院会員。1937年第1回文化勲章を受賞。

収蔵作品

椎茸
椎茸
日本画 235 × 260mm

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展示

2017年 四季いろいろ

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜