知足美術館コレクション

俵屋 宗達

俵屋 宗達

たわらや そうたつ

おそらく江戸時代前期(17世紀)に活躍した京都を代表する絵師のひとり。姓は野々村、号は「伊年」あるいは「対青軒」と伝えられているも、その生涯の詳細においては不明な点が多い。京都の名家出身で、陶芸や蒔絵、書などに才能を発揮するほか、芸術家や職人を育てることに力を注いだ当代一流の文化人である本阿弥光悦に見出され、光悦や烏丸光広などの書巻に下絵を施すなど、当時を代表する芸術家と共作で作品を手がけていたことが確認されている。僧侶に準じて仏師・絵師・連歌師・医師などに与えられた称号≪法橋(ほつきよう)≫の地位に至ったと考えられているが、ほとんど未詳である。伝統的な大和絵を特異な構図とたらし込みなど独特の技法により近世装飾画へと再生・昇華させた新様式、所謂≪琳派≫を確立、尾形光琳など琳派絵師の先駆となった。代表作『風神雷神図屏風』『蓮池水禽図』など。

収蔵作品

鴨図 日本画
雁図 日本画

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展覧会

青を旅する 木村直広 日本画展

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜