知足美術館コレクション

杉村 治兵衛

杉村 治兵衛

すぎむら じへい

江戸前期の浮世絵師。俗称治兵衛(次兵衛、次平とも)。赤穂浪士村松喜兵衛の養父の甥という。住所は江戸の通油町と伝える。浮世絵草創期の重要絵師のひとり。延宝(1673~81)末期から艶本・絵本を中心とした墨摺の版本に挿図を寄せ、菱川師宣に次ぐ浮世絵師として活躍している。続く天和(1681~84)から元禄(1688~1704)末期にかけては墨摺の春画揃物や一枚絵などを発表、師宣の画風と酷似するが幾分異なる肉感的な美人画表現で支持を得た。治兵衛の作品に署名を伴うものは少ないが、一枚絵の画中には「杉村」「次平」などと隠し落款があり、これによって師宣作品と区別できる。

収蔵作品

立美人(シカゴ美術館) 版画
戯れ(シカゴ美術館) 版画

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展示

2017年 絵画の中の女たち

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜