知足美術館コレクション

鈴木 春信

鈴木 春信

すずき はるのぶ(1725 - 1770)

勝川春章の門人で春好と並び師の画風をつぎ、役者絵と相撲絵を多く描いた。派手な画風で似顔の表現や個性の描写に師の画風を発展させ、土俵入りの図に工夫を加え、幕内全力士を紹介する構図にした最初の絵師である。寛政文化期の相撲絵をたくさん残してくれた相撲錦絵史上の、第一の功績者である。

収蔵作品

蚊帳美人(ボストン美術館所蔵版木)
蚊帳美人(ボストン美術館所蔵版木)
版画

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展覧会

青を旅する 木村直広 日本画展

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜