知足美術館コレクション

斎藤 真一

斎藤 真一

さいとう しんいち(1922 - 1994)

岡山県 児島郡(現倉敷市) 出身

1948年東京美術学校卒業。静岡第一中学校教諭。第4回日展初入選。1950年岡山県立天城高校非常勤講師。1959年フランスに留学、藤田嗣治らと親交を結んだ。1953年静岡県立伊東高校に着任。1957年光風会第43回展プルーヴ賞受賞。1962年「瞽女(ごぜ)」にひかれ盲目の女性を描く(以降、津軽地方の三味線を弾き語る瞽女を手段とする作品に取り組んだ。1971年第14回安井賞佳作。18年間勤めた伊東高校退職。1973年第21回エッセイストクラブ賞ADC賞受賞。

斎藤真一展―お春瞽女物語りからスペインの風景まで―(2013年)

収蔵作品

寒谷 油彩 234 × 334mm 4号
紅い陽野道 リトグラフ 338 × 244mm
赤い舞台 リトグラフ 350 × 452mm
エストレモスの灯 1992年 油彩 215 × 270mm 3号
越後瞽女日記 赤い陽 1976年 油彩 230 × 160mm
越後瞽女日記 星の光 1982年 油彩 362 × 272mm
1979年 メゾチント 290 × 395mm
機関車 銅版画に手彩色 145 × 195mm
帰郷 越後瞽女日記より 1972年 油彩 410 × 530mm 10号
軽便鉄道 銅版画に手彩色 145 × 195mm
幻燈のある静物 1962年 油彩 533 × 457mm 10号
瞽女 リトグラフ 278 × 360mm
瞽女 エッチング 305 × 395mm
瞽女旅立ち(高田瞽女杉本家の三人) 1970年 油彩 325 × 415mm
瞽女津軽じょんがら 1975年 リトグラフ 195 × 268mm
瞽女の花見 油彩 236 × 324mm 4号
斎藤真一淡彩画集「哀歌」カバー版画 銅版画に手彩色 520 × 310mm
直筆イラスト入りサイン 158 × 265mm
直筆書入りサイン 180 × 270mm
十字架のある静物 銅版画に手彩色 175 × 270mm
杉本家の冬 越後瞽女日記 油彩 675 × 365mm
卒塔婆 エッチング 71 × 98mm
津軽じょんがら 1975年 リトグラフ 195 × 272mm
野花を摘む 銅版画に手彩色 145 × 195mm
バイオリン弾き 銅版 395 × 290mm
日傘 リトグラフ 350 × 452mm
陽の村 リトグラフ 400 × 290mm
風船 1966年 油彩 770 × 990mm 40号
古い井戸のある町 -スペイン・アビラ- 1991年 油彩 680 × 486mm 15号
プティ・テアートル 銅版画に手彩色 145 × 195mm
紅つめ草の静物 銅版画に手彩色 145 × 195mm
湖の唄 1963年 油彩 500 × 600mm 12号
武者人形の静物 1957年 油彩 405 × 318mm 6号
山高帽の父 1988年 油彩 288 × 380mm 6号
雪の越後路 木版手彩 248 × 350mm
ワイングラスの乙女 1987年 油彩 396 × 516mm 10号
ヴィオロンの道 1962年 油彩 650 × 500mm 15号

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展示

2017年 絵画の中の女たち

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜