知足美術館コレクション

于 志学

う しがく(1935 - )

中国 黒竜江省 肇東県 出身

王修治とロシア人画家ソロコフに師事、1956年春華美術学校入学。1958年問津美術社設立、東方芸術学校美術教師兼任。1960年黒龍江省画報社美術編集担当、雪景画の技法を20年余りにわたって研究し、国内外に大きな影響を与えた。1961年黒竜江人民出版社美術編集者担当。1980年黒龍江省書画院専任アーティスト、1985年同創作研究室副主任。1985年中国氷雪山水画研究会設立。1990年国の文化芸術事業の発展に対する突出貢献証書を授与。一級美術師、黒龍江省画院副院長、黒龍江省美術協会副主席、黒龍江省中国画協会会長、アメリカ国際伝記研究院伝記協会副理事長、イギリスケンブリッジ大学国際伝記センター研究員、第5回中国美術協会理事。

于志学画伯は雪に覆われた森林や河川など中国東北地方の大自然の美しさを黒の濃淡でデリケートに表現し、欧米でも高く評価されている。中国水墨画の大家で、中国黒龍江省大興安嶺区で長期にわたり描き続けている。日本の水墨画と趣を異にする雄大な情景を描き出す。日本では、昭和五十五年に続いて昭和六十年五月に新潟三越でも展示会が開催され、訪れた人達を魅了していた。(中山輝也

収蔵作品

哈爾濱雪園 1991年 530 × 715mm 20号
哈爾濱雪園 1991年 530 × 715mm 20号
哈爾濱雪園 1665 × 800mm
哈爾濱雪園 1991年 水墨画 630 × 600mm
哈爾濱雪園 1993年 水墨画 440 × 650mm
哈爾濱雪園 水墨画 655 × 670mm

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展示

2017年 絵画の中の女たち

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜