知足美術館コレクション

中里 太郎右衛門 十三代

中里 太郎右衛門 十三代

なかざと たろうえもん 13だい (1923 - 2009)

佐賀県 唐津市 出身

13代中里太郎右衛門。1943年東京高等工芸学校(現千葉大学工学部)工芸図案科卒業。1951年第7回日本美術展初入選。1956年第12回日本美術展北斗賞受賞。1958年社団法人日本陶磁協会賞受賞。1967年日展会員。1969年十三代中里太郎右衛門を襲名。1976年日展評議委員。1981年内閣総理大臣賞受賞。1984年日本芸術院受賞。1985年日展理事。1990年日本工匠会副会長。1992年佐賀県重要無形文化財に認定。第24回日展審査員。1995年唐津市市政功労賞受賞。1995、97年紺綬褒章受章。1998年日工会会長に就任。2004年京都造形大学より博士号を授与。

収蔵作品

絵唐津老松白鷺大皿 1996年 陶芸
唐津翡翆黒花陶板 1990年 陶芸

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展覧会

青を旅する 木村直広 日本画展

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜