知足美術館コレクション

森 陶岳

もり とうがく(1937 - )

岡山県 備前市 伊部 出身

本名、森才蔵。父は窯元六姓家の森秀次。1959年岡山大学特設美術科を卒業ののち、1962年郷里にて作陶活動を始める。1963年日本伝統工芸展に初入選し、以来入選を続け、1966年日本工芸会正会員となる。1967年東中部支部展総裁賞受賞。1969年日本陶磁協会賞受賞。1972年兵庫県相生郡西後明に大窯を築窯、1979年完成。翌年火入れを行い60日間に及ぶ焼成を経て備前大甕・大壷を完成さえその評価を確立。その後岡山県牛窓町の寒風陶芸の里に53メートルにも及ぶ直炎式登窯の大窯を築き、1985に焼成。室町期に最高水準に達した大窯による備前焼の解明に取り組む。1996年岡山県重要文化財保持者に認定。1998年80メートルの大窯築窯準備に取り掛かる。2002年日本陶磁協会賞金賞受賞。2005年文化庁長官表彰。2006年紫綬褒章受章。

収蔵作品

備前花入 陶芸

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展示

2017年 四季いろいろ

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜