知足美術館コレクション

宮宅 淪迸

宮宅 淪迸

みやけ りんぺい(1947 - )

岡山県 備前市 麻宇那 出身

本名、宮宅林平。1970年国学院大学文学部卒業。神社勤めをするうち焼き物に興味を持ち、1974年備前陶芸センターに入所。終了後窯元森宝山、森泰司父子に師事し、6年間修業に励む。1976年から5年連続で岡山県美術展に入選。1979年日本陶芸展に入選。1982年友延に初窯を出し独立。日本伝統工芸展入選。(同1983年、1985年)。岡山県美術展、日本工芸会東中国支部展にも夫々入選。1986年日本工芸正会員認定。

収蔵作品

備前大舟徳利 陶芸 185 × 320mm

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展示

2017年 絵画の中の女たち

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜