知足美術館コレクション

三浦 小平二

三浦 小平二

みうら こへいじ(1933 - 2006)

新潟県佐渡市 (旧 佐渡郡相川町) 出身

佐渡郡出身。佐渡無名異焼窯元四代目。三浦小平の長男として生まれる。1955年東京芸術大学彫刻学科を卒業し、加藤士師萌に師事。1961年第4回新日展に初入選、翌年1962年には現代日本陶芸展にて朝日新聞社賞.その後も1967年伝統工芸新作展 優秀賞、1976年日本伝統展 文部大臣賞、1977年日本陶芸協会賞と受賞を受ける。青磁を得意として、赤い土に青磁釉を施し貫入のある作品、青磁の一部に豆彩の技法を用いて人物・風物を絵付けした作品に特色がある。また器形にも独自の意匠が感じられ、確立された陶技のもとに現代的感覚が伝わる。1990年東京芸術大学教授。1993年日本陶磁協会金賞受賞。1996年紫綬褒章受章。1997年重要無形文化財「青磁」保持者に認定される。2000年東京芸術大学名誉教授に就任。

収蔵作品

青磁孔雀飾り筒 陶芸 100 × 260mm
青磁香炉象 1992年 陶芸

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展示

2017年 絵画の中の女たち

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜