知足美術館コレクション

楠部 彌弌

楠部 彌弌

くすべ やいち(1897 - 1984)

京都府 京都市 出身

本名 弥一。1913年京都市立陶磁器試験所特別科に学ぶ。1916年、赤土社結成に参加、作陶生活を開始。
1924年、パリ万国博覧会に出品、受賞。1927年帝展初入選。これ以後帝展、文展など官展で造形の新傾向開拓、後進の指導に尽力。1933年、帝展で特選。燿々社結成。1914年、パリ万国博覧会で受賞。1915年より文展審査員。1946年より日展審査員。1951年日展文部大臣賞受賞。1953年日本芸術院賞受賞。博埴会と青陶会を結成。1962年日本芸術院会員。1978年文化勲章受章。1982年日本新工芸家連盟会長に就任。

収蔵作品

蒼釉魚文花瓶 陶芸 85 × 200mm

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展示

2017年 四季いろいろ

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜