知足美術館コレクション

小出 蒐

切り絵

切り絵作家 小出蒐氏

1949年 新潟県津川町(現阿賀町)天満に生まれる。1968年 上京、女性服ファッション専門点企業〜鈴屋入社。1970年 長沢節・セツモードセミナー入学〜スタイル画を学ぶ。1974年 セツモードセミナー卒業 女性服FA業界に 主にマーチャンダイザー等として携わる。〜この後、約30年間程この業界に関わる。1990年 宮田雅之の切り絵を見て感動、独学で切り絵を会得。1997年 光文社小説宝石及び他社でも挿絵の掲載。2009年 京都池田屋はなの舞展に「新撰組」を切り絵で全面掲示。2011年 作品集「小出蒐切り絵の世界・琥珀艶の光と影」発行。2012年 USA・ニューヨーク、日本ギャラリーにて個展開催。アニメーション「山梨とり」を切り絵で制作〜日本昔話でTV放映。青山ベルコモンズなど、国内で個展多数開催。2013年 知足美術館で個展開催「小出蒐 切り絵の世界 −琥珀艶の光と影 日本の風俗美−」。

小出蒐 切り絵の世界展~琥珀艶の光と影 日本の風俗美~(2013年)

収蔵作品

散華 切り絵 690 × 495mm

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展示

2017年 四季いろいろ

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜