知足美術館コレクション

小山 敬三

小山 敬三

こやま けいぞう(1897 - 1987)

長野県 小諸市 出身

1916年川端画学校で藤島武二を師とする。1920年島崎藤村の勧めで渡仏。パリのアカデミー・コラロッシュでシャルルゲランに師事し、油絵の基礎を学び、その画風である堅固な造形性を養成。1922年サロン・ドートンヌに入選。1924年春陽会会員。1926年サロン・ドートンヌ会員。1927年パリのバレンヌ画廊で初個展。1928年帰国。1933年サロン・ドートンヌ審査員に委嘱される。1936年石井柏亭、有島生馬、安井曽太郎ら8人で一水会を結成。1959年日本芸術院賞を受賞。1960年日本芸術院会員。1970年文化功労者。1975年文化勲章を受章。小諸市名誉市民、茅ヶ崎名誉市民。小山敬三美術賞の設立など、油彩画の振興に尽力した。

収蔵作品

白鷺城 油彩 150 × 217mm 1号

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展示

2017年 絵画の中の女たち

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜