知足美術館コレクション

小林 古径

小林 古径

こばやし こけい(1883 - 1957)

新潟県上越市高田 出身

新潟県高田(現 上越市)出身。本名茂。1900 年上京し、梶田半古に師事。日本絵画協会展に出品するとともに、安田靫彦らの紅児会に参加。1915年日本美術院が再興され、同展に出品、同人に推挙された。初期には華麗な色彩による浪漫的な歴史画、風俗画が多く、次第に清新な写生にうちこみ、詩情あふれる作品を発表した。1921 年から翌年にかけて渡欧。帰国後は、広く東洋の古典画法を研究し、独自の簡明厳格な新古典的作風を確立した。1935 年帝国美術院会員、1944年東京美術学校教授、帝室技芸員、1950年文化勲章を受章。

収蔵作品

梅
日本画 340 × 722mm
茄子花
茄子花
1940年(推定)年 日本画 660 × 580mm 15号
まるちず 日本画 310 × 255mm 4号

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展示

2017年 四季いろいろ

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜