知足美術館コレクション

北大路 魯山人

北大路 魯山人

きたおおじ ろさんじん(1883 - 1959)

京都府 京都市 出身

本名 房次郎。1903年、書家になることを志して上京。翌年の日本美術展覧会で一等賞を受賞し、頭角を現す。1908年から中国北部を旅して書や篆刻を学んだ。帰国後、長浜の素封家・河路豊吉に食客として招かれ、書や篆刻の制作に打ち込む環境を提供された。敬愛する竹内栖鳳がしばしば訪れる紫田家の食客になることが叶い、訪れた栖鳳に款印を彫らせてもらうよう願い出る。その款印を気に入った栖鳳が門下の土田麦僊らに紹介したことで日本画壇の巨匠らとの交わりが始まり、名を高めていくことになった。1921年会員制食堂「美食倶楽部」を発足。自ら厨房に立ち料理を振舞うなどしながらそこで使用する食器や料理を自ら創作していた。1955年重要無形文化財保持者に指定されたが辞退する。

収蔵作品

伊賀風花生
伊賀風花生
陶芸

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展示

2017年 絵画の中の女たち

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜