知足美術館コレクション

亀田 鵬斎

亀田 鵬斎

かめだ ぼうさい(1752 - 1826)

江戸中・後期の儒学者。折衷学派。名は長興,字は穉竜,通称文左衛門,号は鵬斎,善身堂。日本橋横山町の鼈甲商長門屋の番頭万右衛門の子として江戸の神田に生まれた。14歳で折衷学者井上金峨に入門し,安永の初めごろ私塾を開き徐々に名声を得たが,寛政異学の禁(1790)で「異学」の烙印を押され,「五鬼」のひとりに数えられて一時は門人が激滅し貧窮にあえいだ。しかしその後は書と詩文で再び名声を得たが,酒にひたる生活を送った。山本北山とは同年で親密であった。門人に東条一堂などがいる。著書は『大学私衡』『善身堂一家言』『黍稷稲粱弁』『侯鯖一臠』『鵬斎先生文鈔』『善身堂詩鈔』など多数。生涯にわたってしばしば転居を繰り返し,駿河台,馬喰町,下谷金杉などに住んだが,最後は下谷根岸の家で没し,浅草今戸の称福寺に葬られた。

収蔵作品

清風満袖作微吟
清風満袖作微吟
267 × 1265mm

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展覧会

青を旅する 木村直広 日本画展

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜