知足美術館コレクション

勝 海舟

かつ かいしゅう(1823 - 1899)

江戸 出身

幕臣。政治家。名は義邦、のち安芳と改名、海舟は号。父は旗本小普請組(41石)の勝小吉、母は信。幕末の剣客・男谷信友は従兄弟に当たる。海舟も10代の頃は剣術修行に多くの時間を費やしている。家紋は丸に剣花菱。蘭学と軍艦操術を修め、海軍伝習のため長崎へ。1860年咸臨丸を指揮、太平洋を横断して渡米。海軍操練所では広く人材育成に努め、幕臣だけでなく坂本竜馬ら脱藩志士も門人として教育した。1873年には福澤諭吉らの明六社に参加(勝安芳)。また、興亜会を支援した。 1887年に哲学館(現:東洋大学)を創設した井上円了と親交があり、多くの寄付をしているため、「哲学館の三恩人」の一人と呼ばれている。山岡鉄舟・高橋泥舟と共に「幕末の三舟」と呼ばれる。戊辰戦争では、幕府側代表として徳川家存続を条件に西郷隆盛と会見するなど、江戸無血開城に尽力した。伯爵。

収蔵作品

山晴春草発 松老白雲多
山晴春草発 松老白雲多
310 × 1345mm
清琴横床 濁酒半壷
清琴横床 濁酒半壷
335 × 1230mm

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展示

2017年 四季いろいろ

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜