知足美術館コレクション

加藤 卓男

加藤 卓男

かとう たくお(1917 - 2005)

岐阜県 多治見市 出身

父は五代目加藤幸兵衛。1935年多治見工業高校を卒業し、京都国立陶磁器研究所陶芸科にて研修を受ける。1945年広島にて被爆。1956 年日展入選。1961 年フィンランド政府の招聘を受けフィンランド工芸美術学校留学。1973年旧イランのパーレビ王立大学付属アジア研究所留学。17 世紀から途絶えていたペルシア陶器ラスター彩の再現に成功、また1980年正倉院の三彩の復元にも成功。1983 年多治見無形文化財保持者及び岐阜県重要無形文化財保持者。1986年トルコ・トプカプ宮殿美術館にて個展。1988年紫綬褒章受章。1991年日本陶磁協会金賞。1992年伊勢神宮の御神宝「陶猿頭形御硯」を制作。1995年重要無形文化財「三彩」保持者(人間国宝)。1996年岐阜県名誉県民の称号を受ける。

収蔵作品

青釉胡姫双耳花入 1989年 陶芸 125 × 255mm
三彩花形高台鉢 1993年 陶芸
ラスター彩 胡姫双耳花入 1989年 陶芸 125 × 255mm

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展示

2017年 絵画の中の女たち

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜