知足美術館コレクション

菱川 師房

菱川 師房

ひしかわ もろふさ

江戸時代前期の浮世絵師。菱川師宣の長男。父にまなび、肉筆美人風俗画をえがく。1700年浮世草子「好色一もとすゝき」の挿絵をかいた。1694年父師宣の死後、しばらくは菱川工房を率いて活躍したが、父の技量におよばず、絵師をやめて家業の紺屋(染色業)にもどったという。通称は吉左衛門、吉兵衛。肉筆画の代表作として、「三美人図」(出光美術館所蔵)、「婦女読書図」「美人遊歩図」(浮世絵太田記念美術館所蔵)、「伊勢物語図」(ニューオータニ美術館所蔵)、「見返り美人図」(奈良県立美術館所蔵)などが挙げられる。

収蔵作品

吉田街道(シカゴ美術館) 版画

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展覧会

青を旅する 木村直広 日本画展

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜