知足美術館コレクション

平山 郁夫

平山 郁夫

ひらやま いくお(1930 - 2009)

広島県 豊田郡 瀬戸町 出身

1947年東京美術学校入学、前田青邨に師事。1953年日本美術展初入選。1954年日本美術院小品点奨励賞受賞。1955年院展入選、日本美術院院友に推挙される。以降院展系で活躍,大観賞、奨励賞、文部大臣賞等多数。1962年東西宗教美術の比較の目的でヨーロッパへ留学。1963年帰国。1964年日本美術院同人に推挙される。1968年アフガニスタンから中央アジアを巡り、天山山脈周辺の遺跡の風物を写し、シルクロードを題材とした制作を始める。1976年日本芸術大賞受賞。1977年仏教伝道文化賞受賞。1978年院展内閣総理大臣賞受賞。1982年第一回美術文化振興協会賞受賞。1988年文化財保護振興財団理事就任。1989年東京芸術大学学長就任。1996年日本美術院理事長に就任。仏レジオン・ド・ヌール勲章を授章。1997年故郷広島県豊田郡に平山郁夫美術館が開館。1998年文化勲章授章。2001年再び東京芸術大学学長に就任(〜2005年まで)。2005年東京国立博物館特認館長就任。

収蔵作品

みちのくの秋 日本画 405 × 335mm 6号

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展示

2017年 四季いろいろ

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜