知足美術館コレクション

原 清

はら きよし(1936 - )

島根県 斐川町 出身

1954年京都で石黒宗麿の内弟子となった後、清水卯一に師事し陶芸を学ぶ。1965年東京に工房を構え独立、後に窯を埼玉県に移す。鉄釉の研究を続け、独自の技法となるまで錬磨にはげんだ。1976年日本陶磁協会賞を受賞。日本伝統工芸展では入賞の他、監査委員の経験も持つ。1992年からは社団法人日本工芸会理事を務め、2002年には同会常任理事となった。2005年、重要無形文化財「鉄釉陶器」保持者に認定。黒色と褐色の二種類の釉薬を駆使し大柄な色面で模様を描く。細やかな技巧に頼ることない作風は鉄釉陶器の新しい発展性を生んだとして、高く評価されている。

収蔵作品

釣窯花瓶 陶芸

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展示

2017年 四季いろいろ

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜