知足美術館コレクション

濱田 庄司

濱田 庄司

はまだ しょうじ(1894 - 1978)

神奈川県 橘樹郡 高津村(現川崎市) 出身

本名 象二。1916年に東京高等工芸学校窯業科卒業。河井寛次郎と共に京都市立陶芸試験場にて主に釉薬の研究を行う。1920年渡米して作陶生活に入り、ロンドンで第一回個展を開催。1924年帰国。しばらくは沖縄・壺屋窯などで学び、1930年からは、それまでも深い関心を寄せていた益子焼の産地、栃木県益子町で作陶を開始する。1955年第一回重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定。1968年文化勲章受章。1977年益子参考館を開館。

収蔵作品

柿釉赤絵六角取皿 1960年 陶芸

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展示

2017年 絵画の中の女たち

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜