知足美術館コレクション

東海道五十三次之内 京師 三条大橋

東海道五十三次之内 京師 三条大橋

東海道五十三次之内 京師 三条大橋
東海道五十三次之内 京師 三条大橋 / 歌川 広重
とうかいどうごじゅうさんつぎのうち けいし さんじょうおおはし

版画 大判

大正期の京都
大正期の京都「東海道(東海道五拾三次 広重と大正期の写真)」より

江戸より124里半(約492km)、この加茂川に架かる三条大橋を渡れば京都である。三条大橋は長さ57間2寸、巾4尺1寸で、一部は石製の基礎杭を初めて使った橋であるという。橋の上には雅やかな姿も見られ、そこを渡る人々の取り合わせもおもしろい。遠景には東山36峰と比叡山が描かれている。当時、江戸・京都間を普通に歩けば十数日の行程であったという。

全55図完結。「東海道五十三次 大尾」

書籍:東海道(東海道五拾三次 広重と大正期の写真)

書籍:保永堂版 東海道五拾三次 広重

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展示

2017年 絵画の中の女たち

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜