知足美術館コレクション

東海道五十三次之内 大津 走井茶店

東海道五十三次之内 大津 走井茶店

東海道五十三次之内 大津 走井茶店
東海道五十三次之内 大津 走井茶店 / 歌川 広重
とうかいどうごじゅうさんつぎのうち おおつ はしりいちゃみせ

版画 大判

大正期の大津
大正期の大津「東海道(東海道五拾三次 広重と大正期の写真)」より

東海道最後の宿駅大津は、北国街道と出合い、琵琶湖南端にあり、陸上・水上交通の要地であった。途中、矢橋から湖水を船で行く水路もあった。図の左手には走井茶屋と掘り抜き井戸がある。井戸端で魚を洗い、子供がまつわりつく。平凡な生活を表現している。米俵や薪を積んだ牛車が行く。大津は北陸や近江国の産物や魚類が運び込まれ、毎日、市がたったという。そして、多くの荷が京都へ運ばれた。

書籍:東海道(東海道五拾三次 広重と大正期の写真)

書籍:保永堂版 東海道五拾三次 広重

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展示

2017年 絵画の中の女たち

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜