知足美術館コレクション

東海道五十三次之内 草津 名物立場

東海道五十三次之内 草津 名物立場

東海道五十三次之内 草津 名物立場
東海道五十三次之内 草津 名物立場 / 歌川 広重
とうかいどうごじゅうさんつぎのうち くさつ めいぶつたてば

版画 大判

大正期の草津
大正期の草津「東海道(東海道五拾三次 広重と大正期の写真)」より

「うばもちや」は乳母が子を育てるために餅をつくって往来の人に売ったものが評判になった店である。馬子や駕籠の出入りがたくさんあり、交通の様子がよく描かれている。また、草津は東海道と中山道との分岐点で大変賑わった。駕籠かきの動く様子と旅人が店先で一服している静の部分が対象的である。

書籍:東海道(東海道五拾三次 広重と大正期の写真)

書籍:保永堂版 東海道五拾三次 広重

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展覧会

青を旅する 木村直広 日本画展

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜