知足美術館コレクション

東海道五十三次之内 水口 名物干瓢

東海道五十三次之内 水口 名物干瓢

東海道五十三次之内 水口 名物干瓢
東海道五十三次之内 水口 名物干瓢 / 歌川 広重
とうかいどうごじゅうさんつぎのうち みなくち めいぶつかんぴょう

版画 大判

大正期の水口
大正期の水口「東海道(東海道五拾三次 広重と大正期の写真)」より

水口では干瓢作りが女性の労働だった。夕顔の皮をむき、干す手仕事が夏の水口の様子を表わしている。奥にある集落の様子から閑静な農村であることがわかる。

書籍:東海道(東海道五拾三次 広重と大正期の写真)

書籍:保永堂版 東海道五拾三次 広重

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展覧会

青を旅する 木村直広 日本画展

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜