知足美術館コレクション

東海道五十三次之内 阪之下 筆捨嶺

東海道五十三次之内 阪之下 筆捨嶺

東海道五十三次之内 阪之下 筆捨嶺
東海道五十三次之内 阪之下 筆捨嶺 / 歌川 広重
とうかいどうごじゅうさんつぎのうち さかのした ふですてみね

版画 大判

大正期の阪之下
大正期の阪之下「東海道(東海道五拾三次 広重と大正期の写真)」より

阪之下の宿から筆捨山を眺望する。狩野元信が、この山を描こうとしたが、余りの美しさに筆を投げ捨て断念したという言い伝えがある。山頂までにところどころ、岩石が露出し、渓谷を形成し、二条の滝が流れている。茶店の旅人は、その絶景を眺め、清涼な空気をすって休んでいる。下からは荷を積んだ牛が茶屋に近付いてきている。

書籍:東海道(東海道五拾三次 広重と大正期の写真)

書籍:保永堂版 東海道五拾三次 広重

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展示

2017年 絵画の中の女たち

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜