知足美術館コレクション

東海道五十三次之内 関 本陣早立

東海道五十三次之内 関 本陣早立

東海道五十三次之内 関 本陣早立
東海道五十三次之内 関 本陣早立 / 歌川 広重
とうかいどうごじゅうさんつぎのうち せき ほんじんはやだち

版画 大判

大正期の阪之下
大正期の阪之下「東海道(東海道五拾三次 広重と大正期の写真)」より

関の宿は、昔、鈴鹿関があったところである。鈴鹿峠の麓にあり、大名の宿泊は、亀山の城下町を避けて、この関に多く定められた。画面は、まだ夜が明ける前に、早立ちする大名行列が、宿所を出る様子を描いている。二本の槍と札棹が全体を引き締めている。

書籍:東海道(東海道五拾三次 広重と大正期の写真)

書籍:保永堂版 東海道五拾三次 広重

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展示

2017年 絵画の中の女たち

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜