知足美術館コレクション

東海道五十三次之内 亀山 雪晴

東海道五十三次之内 亀山 雪晴

東海道五十三次之内 亀山 雪晴
東海道五十三次之内 亀山 雪晴 / 歌川 広重
とうかいどうごじゅうさんつぎのうち かめやま ゆきばれ

版画 大判

大正期の亀山
大正期の亀山「東海道(東海道五拾三次 広重と大正期の写真)」より

雪の朝の亀山城の前を大名行列が通っていく。山の傾斜、行列、雪に包まれた松の線の方向を同じくし、二本の松がそれらの線と交差して自然の力強さを表わしている。銀世界に左手の紅色の空のぼかしが、晴れた日の日差しを表わしている。前図の庄野と並べると、主題構図も対象的で、続き絵としてのおもしろさもある。

書籍:東海道(東海道五拾三次 広重と大正期の写真)

書籍:保永堂版 東海道五拾三次 広重

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展覧会

青を旅する 木村直広 日本画展

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜