知足美術館コレクション

東海道五十三次之内 庄野 白雨

東海道五十三次之内 庄野 白雨

東海道五十三次之内 庄野 白雨
東海道五十三次之内 庄野 白雨 / 歌川 広重
とうかいどうごじゅうさんつぎのうち しょうの はくう

版画 大判

大正期の庄野
大正期の庄野「東海道(東海道五拾三次 広重と大正期の写真)」より

庄野の宿近くの街道で、突然の雨にあった様子が描かれている。庄野は山深く、険しい坂道が続いた。駕籠をかつぐ二人は引き返すこともなく、稼ぎに精を出す。右手の二人は農夫であろうか。必死に雨を防いで村を目指している。人物、描写も面白いが、竹薮の風の音、雨の音も聞こえてきそうである。雨で遠くがけむった様子がよくわかる。農夫の傘に五十三次の宣伝があるのも面白い。

書籍:東海道(東海道五拾三次 広重と大正期の写真)

書籍:保永堂版 東海道五拾三次 広重

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展示

2017年 絵画の中の女たち

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜