知足美術館コレクション

東海道五十三次之内 石薬師 石薬師寺

東海道五十三次之内 石薬師 石薬師寺

東海道五十三次之内 石薬師 石薬師寺
東海道五十三次之内 石薬師 石薬師寺 / 歌川 広重
とうかいどうごじゅうさんつぎのうち いしやくし いしやくしじ

版画 大判

大正期の石薬師
大正期の石薬師「東海道(東海道五拾三次 広重と大正期の写真)」より

東海道をはずれた中央の三つの山は、遠近を色彩で分け、ぼかしを用いている。畑中の道の向こうに石薬師寺(高富山西福寺)の山門が見える。馬に乗ったもの、杖をつく旅人、荷を担いだ人足も進む。刈り取った田を農夫が鋤で手入れする。初冬の平凡な農村風景である。ここより京都まであと三日である。

書籍:東海道(東海道五拾三次 広重と大正期の写真)

書籍:保永堂版 東海道五拾三次 広重

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展覧会

青を旅する 木村直広 日本画展

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜