知足美術館コレクション

東海道五十三次之内 四日市 三重川

東海道五十三次之内 四日市 三重川

東海道五十三次之内 四日市 三重川
東海道五十三次之内 四日市 三重川 / 歌川 広重
とうかいどうごじゅうさんつぎのうち よっかいち みえがわ

版画 大判

大正期の四日市
大正期の四日市「東海道(東海道五拾三次 広重と大正期の写真)」より

画面は三重川となっているが、交通の激しい東海道での風景としては考えにくい。旅人や草木などから強い風が吹いている様子がわかる。沼沢の地の板橋や、捨小舟を添えて、芦の葉のなびく野中の一本道で野分に合羽をとられまいとする男、笠を飛ばされ必死に追う男を滑稽に配し、旅の辛さ、人生の辛さを描こうとしたのだろう。高度成長期を経た現在の四日市からはこんな風景は想像できない。

書籍:東海道(東海道五拾三次 広重と大正期の写真)

書籍:保永堂版 東海道五拾三次 広重

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展示

2017年 絵画の中の女たち

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜