知足美術館コレクション

東海道五十三次之内 宮 熱田神事

東海道五十三次之内 宮 熱田神事

東海道五十三次之内 宮 熱田神事
東海道五十三次之内 宮 熱田神事 / 歌川 広重
とうかいどうごじゅうさんつぎのうち みや あつたしんじ

版画 大判

大正期の宮
大正期の宮「東海道(東海道五拾三次 広重と大正期の写真)」より

熱田神宮の門前町であるが、伊勢参りの旅人も集ったので、たいへん賑わい、東海道の中で最大の宿駅であった。画面は馬追祭の様子であるが、神宮にはこのようなしきたりはなく、御馬献上の行事とも考えられる。天と地を暗い色にすることにより、夜であることがわかる。左の先頭の男の右手を頂点として、紡錐形に右側に広がる構図である。

書籍:東海道(東海道五拾三次 広重と大正期の写真)

書籍:保永堂版 東海道五拾三次 広重

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展示

2017年 絵画の中の女たち

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜