知足美術館コレクション

東海道五十三次之内 藤川 棒鼻ノ図

東海道五十三次之内 藤川 棒鼻ノ図

東海道五十三次之内 藤川 棒鼻ノ図
東海道五十三次之内 藤川 棒鼻ノ図 / 歌川 広重
とうかいどうごじゅうさんつぎのうち ふじかわ ぼうばなのず

版画 大判

大正期の藤川
大正期の藤川「東海道(東海道五拾三次 広重と大正期の写真)」より

地方役人たちが土下座している。御弊をたてた駒と一緒に御馬献進の一行がゆく。幕府は毎年8月1日に朝廷に馬を献上することになっており、広重は天保3年にこの行列に参加した。図は藤川宿に差しかかるこの行列を迎える様子が描かれている。愛らしい黒赤二頭の馬。夕雲がたなびく。一行を迎えて犬まで座っているところが面白い。街道の脇に立つ棒鼻が宿場の外れを表わしている。

書籍:東海道(東海道五拾三次 広重と大正期の写真)

書籍:保永堂版 東海道五拾三次 広重

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展覧会

青を旅する 木村直広 日本画展

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜