知足美術館コレクション

東海道五十三次之内 御油 旅人留女

東海道五十三次之内 御油 旅人留女

東海道五十三次之内 御油 旅人留女
東海道五十三次之内 御油 旅人留女 / 歌川 広重
とうかいどうごじゅうさんつぎのうち ごゆ たびびととめおんな

版画 大判

大正期の御油
大正期の御油「東海道(東海道五拾三次 広重と大正期の写真)」より

御油は次の宿場である赤阪と、東海道中で最も宿場間の距離が近く、およそ1.7kmしか離れていなかった。そのため宿屋の客引が非常に強引であった。旅人は次の赤阪宿が本命らしい。軒を並べた家々は個々の存在を誇示せず、連続させて眺めるとき、その町の顔が現われる。宿屋の店先の壁には東海道五十三次の出版元、絵師、彫師、摺師、題名が書かれている。他にも何枚かあるが、いわゆる宣伝である。

書籍:東海道(東海道五拾三次 広重と大正期の写真)

書籍:保永堂版 東海道五拾三次 広重

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展覧会

青を旅する 木村直広 日本画展

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜