知足美術館コレクション

東海道五十三次之内 吉田 豊川橋

東海道五十三次之内 吉田 豊川橋

東海道五十三次之内 吉田 豊川橋
東海道五十三次之内 吉田 豊川橋 / 歌川 広重
とうかいどうごじゅうさんつぎのうち よしだ とよかわばし

版画 大判

大正期の吉田
大正期の吉田「東海道(東海道五拾三次 広重と大正期の写真)」より

今の豊橋である吉田は城下町で、手前に修理のために足場を組んでいる城がある。左官の職人が泥鏝で壁を塗り直している様子が描かれている。川は豊川といい、長さ120間ある豊川橋がかかっている。二艘の船が浮かぶ。対岸の甍が整然とした町の様子を表わしている。上半分を空にして、水面をさらに広く表現して、爽やかな絵である。

書籍:東海道(東海道五拾三次 広重と大正期の写真)

書籍:保永堂版 東海道五拾三次 広重

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展覧会

青を旅する 木村直広 日本画展

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜