知足美術館コレクション

東海道五十三次之内 二川 猿ヶ馬場

東海道五十三次之内 二川 猿ヶ馬場

東海道五十三次之内 二川 猿ヶ馬場
東海道五十三次之内 二川 猿ヶ馬場 / 歌川 広重
とうかいどうごじゅうさんつぎのうち ふたがわ さるがばば

版画 大判

大正期の二川
大正期の二川「東海道(東海道五拾三次 広重と大正期の写真)」より

二川の宿の入口付近である。「かしわ餅」が名物で、左側に茶屋がある。疲労した三人の瞽女が茶屋に向かって歩いてくる。姫小松の野が広がっている。色彩や建物などから、かなり寂しい所だったようだ。五十三次中、この図が一番の哀調に満ちている。

書籍:東海道(東海道五拾三次 広重と大正期の写真)

書籍:保永堂版 東海道五拾三次 広重

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展覧会

青を旅する 木村直広 日本画展

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜