知足美術館コレクション

東海道五十三次之内 濱松 冬枯ノ図

東海道五十三次之内 濱松 冬枯ノ図

東海道五十三次之内 濱松 冬枯ノ図
東海道五十三次之内 濱松 冬枯ノ図 / 歌川 広重
とうかいどうごじゅうさんつぎのうち はままつ ふゆがれのず

版画 大判

大正期の浜松
大正期の浜松「東海道(東海道五拾三次 広重と大正期の写真)」より

東海道は半ばを越えた。冬枯の引馬野の原は寂しい。一本杉の傍らでたき火を囲んで、たばこを吸いながら暖をとる農夫たちのところへ、旅人が冷えた体を暖めようと話しかけて来る。世間話に花が咲く。舞い上がる煙と大木を中心に野趣が描かれている。遠景に浜松城、その左右に町が広がっている。

書籍:東海道(東海道五拾三次 広重と大正期の写真)

書籍:保永堂版 東海道五拾三次 広重

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展覧会

青を旅する 木村直広 日本画展

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜