東海道五十三次之内 袋井 出茶屋ノ図

袋井のはずれの田園を描いている。郊外の葭簀がけの茶屋は大木の木陰を利用している。駕籠かきと飛脚がたばこをくわえ、のんびりと一服している。野面石を積み上げた炉。火をおこす煙で、大木の下部が見えなくなっている。のどかな田園風 … 続きを読む 東海道五十三次之内 袋井 出茶屋ノ図