知足美術館コレクション

東海道五十三次之内 掛川 秋葉山遠望

東海道五十三次之内 掛川 秋葉山遠望

東海道五十三次之内 掛川 秋葉山遠望
東海道五十三次之内 掛川 秋葉山遠望 / 歌川 広重
とうかいどうごじゅうさんつぎのうち かけがわ あきばやまえんぼう

版画 大判

大正期の掛川
大正期の掛川「東海道(東海道五拾三次 広重と大正期の写真)」より

掛川の宿のはずれには橋がある。凧が画面からはずれるほど高く上がっている。遠景には険しい秋葉山がある。手前に描かれた御神灯は防火の信仰の秋葉山への入口を示す。供を連れた僧侶が渡ってくる。老婆とその連れの男。そして凧の糸が切れて叫びながら追いかける童子。田植えの農夫を描き、季節を表現している。

日坂より約7km

書籍:東海道(東海道五拾三次 広重と大正期の写真)

書籍:保永堂版 東海道五拾三次 広重

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展覧会

青を旅する 木村直広 日本画展

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜